自動車ケミカル販売

泡クリーンの使用方法

泡クリーンの使用法

※作業は全体に塗布せず、パネルごとに作業して下さい

◇塗装面に付着した水垢等を除去する場合
本品を少量ボディーにスプレーし、水の含んだスポンジ等で軽く擦りながら汚れを落とし、洗浄成分がなくなるまで水で十分洗い流して下さい。

◇遠赤外線乾燥機反射板・ヒーター管・塗装ブース内のガラス面に付着したミスト等を除去する場合
※必ず乾燥機が冷めている状態で使用して下さい。
本品をスプレーし、5~10分後濡れたウエスで綺麗に拭き取って下さい。
※ヒータ管に使用する場合はやわらかいスポンジに本品をスプレーし、軽く撫ぜながら汚れを落とし、
濡れたウエスで綺麗に拭き取って下さい。

◇虫を除去する場合
虫が付着した部分にスプレーし、1分ほど放置して下さい。
その後スポンジや柔らかい布などで軽く擦りながら汚れを落とし、
洗浄成分がなくなるまで水で十分に洗い流して下さい。

■使用上の注意

・材質により、変色や腐食する恐れがありますので、用途以外には使用しないで下さい。
・シミや色ムラの原因となりますので、炎天下、及びボディなどが熱い時は使用しないで下さい。
・塗装面に使用する場合は、あらかじめ目立たない所で影響がないことを確認してから使用して下さい。
又、長時間放置しないで下さい。
・シミになる恐れがありますので、衣類や皮革製品に付着しないように注意して下さい。
・液が飛び散った場合はシミやムラとなりますので、直ちに拭き取るか水で洗い流して下さい。
・再塗装車、劣化した塗装面、輸入車には使用しないで下さい。
・火気のある場所では使用しないで下さい。
・作業は通気の良い場所で行って下さい。
・使用時は保護メガネ、手袋を着用して下さい。
・使用後は手洗い、うがいを十分に行って下さい。
・万一口や目に入った場合は、速やかに十分な水洗いをして医師の診断を受けて下さい。
・誤って手や皮膚に、衣類などに付着した場合は速やかに石鹸などでよく洗って下さい。
異常がある場合は医師の診断を受けて下さい。
・直射日光の当たる場所や、高温多湿、凍結する場所、幼児の手の届く場所を避け、換気の良い場所に
保管して下さい。

戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional