自動車ケミカル販売

アルミクリーンの使用方法

アルミクリーンの使用方法

※使用する前に目立たない部分でテストし、使用面及び周辺部材の影響を確かめてから使用して下さい。

アルミクリーンを2~5倍に水で希釈して下さい。
※原液では使用しないで下さい。

②希釈したアルミクリーンをホイール及びボディ面にスプレーしブラシ等でこすり、水でよく洗い流して下さい。

※汚れがひどい場合は同じ作業を繰り返して使用して下さい。
※一本一本仕上げて下さい。速効性ですのでスプレーしたまま放置しないで下さい。変色の原因になります。
※塗装面に使用する場合、ボディの下の方からスプレーし、全体にスプレーせず部分的に区切り、一ヶ所ずつ作業して下さい。
※アルミホイール作業後、当社製品楽輝(らくピカ)でボディ面を洗う事により、より残った水垢等を落し、同時にWAXがかかり、ボディ面を保護します。

■使用上の注意

◎コーティングされているホイール(メッキ、ホイールキャップ)は色、艶、コートが剥げる恐れがありますので使用しないで下さい。
◎酸性溶剤なので使用に注意して下さい。
◎塩素系の商品と混ぜたり、一緒に使用しないで下さい。塩素ガスが出て危険です。
◎水以外のものと混合しないで下さい。
◎必ずゴム、ビニールなどの保護手袋、保護マスク、メガネをつけて作業して下さい。
◎誤って口や目に入った場合は速やかに充分な水洗いをし、医師の診断を受けて下さい。
◎ボディやホイールが熱く焼けている時は、変色の原因になりますので使用しないで下さい。
◎本品を塗布し長時間放置しないで下さい。
◎ブレーキ部分にかからないよう使用し、万一かかった場合は水でよく洗い流して下さい。
◎直射日光の当たる場所や高温多湿、凍結する場所に置かないで下さい。
◎手や皮膚、衣類等に付着した場合は速やかに石鹸等でよく洗って下さい。
◎幼児の手の届かない冷暗所に、密栓して保管して下さい。
◎用途以外に使用しないで下さい。

戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional